製品案内

製品案内 > ポリ袋 > ポリ袋(シート・チューブ)

ポリ袋(シート・チューブ)

拡大写真
WANポリ袋

「ポリエチレン」という素材は、非常に安価で容易に大量生産可能なうえシール強度に優れているため、ゴミ袋・レジ袋をはじめラミネート・共押袋のシーラント等に使用されています。
 また、物性も伸縮性・耐薬品性・加工適性に優れていることから、業界、業種を問わず多くの企業様にて幅広い用途で使用されています。



【ポリ袋の設計(仕様決定までの流れ)】


1.用途・内容物
   用途・内容物により、必要な物性(静電気防止・バリア性・防錆・耐熱・強度・滑り・透明度・印刷・着色etc)
   を判断し、最適な原料、添加剤を決定します。

  ≪ポリエチレン3種の原料≫
   ①LDPE(高圧法低密度ポリエチレン)
      歴史はもっとも古く、LLDPEよりも透明性がよく、加工適正に優れています。
   ②LLDPE(直鎖状低密度ポリエチレン)
      た目はLDPEと非常に似ており、もっとも一般的なポリエチレンで引裂強度・ヒートシール強度に
      優れています。

   ③HDPE(中低圧法高密度ポリエチレン)
      レジ袋等でよく使用されており、薄くて強度があり擦りガラス状な見た目が特徴です。

2.容量・サイズ
   サイズ・厚みを決定致します。

3.数量・希望納期
   数量と希望納期より別注品or規格品を決定します。

4.包装仕様
   包装枚数や内・
外包装を決定します。
   指定が無い場合は弊社で決定します。